当たる手相占い 無料で手相の意味や見方を占う2017年版

手相や人相のように個人の年齢や努力、環境によって自然に形状が変化するものもあれば、星占いのように生涯変わらないものもあります。重要なのは見方、鑑定方法ですね、この占い専門サイトは運勢が開運できるようになっています。手相占いの意味と開運の方法を無料で伝授します!よく当たると評判の占い専門サイトが大サービス!無料ですが有料版と同じ的中率でズバリ鑑定!手相というものは最短で3日あれば変わります。見方しだいでは一年、3年、7年周期でも変わるといえますね、自分の人生の中で特に大きな出来事に遭遇した場合や決意をした時や心機一転して新たな旅立ちをした時、または、結婚や離婚もそうですね、インパクトの強いイメージが続いた時に手相は変化します。つまり良いことや悪い事を手相が年輪として刻んでいくのです。特に失恋、失業、離婚、喧嘩(けんか)悩み、苦しみ、悲しみ、哀れみ、孤独などが続くと運気が下がり、障害線として手相に小じわや傷のような線が増えてきます。反対に、初恋、恋愛、結婚、就職や宝くじに当選したり、勝負事で勝利したり芸術分野で入賞したりなど嬉しい出来事や希望、願望、決意、目標、などが続くと運気が上がり、手相の線がハッキリとしてきます。それに伴なって運命線や太陽線や財運、金運線など運勢の強い線が伸びたり、結婚線が現れたりしてきますね。あなたのイメージや行動や環境が知らない間に手相に反映されているのです。また、運命線が生れつき長く伸びている人は先祖の功労があって特別な使命を与えられています。頭脳線(知能線)が長くて真横にまっすぐ伸びている人は物事を深く冷静に判断出来、感情線と頭脳線(知能線)が一本化している人は芯が強く、冷静に感情コントロール出来るタイプですね、目と同じように手相は口ほどに物を言うのです。sitemap

手相占いでNO.1になろう!
手相占い
2017年版



手相の見方=右手と左手の意味:手相占いをする場合、一般的には右手が後天的(自分の意思と行動力の結果が手相に反映されていきます)・左手が先天的(先祖の恩恵や負債などを引き継いでいます)左手は変化が少なく、右手は努力次第で大変化する事もあります。発展させるか衰退させるかは右手の役割になりますね、更に左手は姓名判断でいえば天格(姓)につながり、右手は地格(名)につながります。占い方=男性は右手で占いますが左ききの方は左手で占います。女性は左手で占いますが右ききの方は右手で占います。ただし、きき腕には微妙な所がありますので、自分にとってよく当たるほうの手が正解です。手相について:手相の線がハッキリしている=生命力があって運勢が強い。手相の線が薄い=生命力が弱く運勢も弱い。手相にしわが多い=迷いや悩みが多い。手相のしわが少ない=決断力があって迷いが少ない。肉付きの良い手相=パワフルで運勢が強い。薄っぺらな手相=体力がなくて運勢が弱い。



生命線


頭脳線


感情線


運命線


太陽線


結婚線


金星丘


木星丘


土星丘


太陽丘


水星丘


火星丘1


火星丘2


月丘


結婚年


運命年


運命開運


生命開運



頭脳開運


感情開運


ほくろ占い


九星占い



風 水


星占い


姓名判断


夢占い


その他

*